社員の声 食品部バイヤー

本社 一般食品 バイヤー
髙田 祐介(たかた  ゆうすけ)
2003年入社

 

 サンエーに入社を決めたのは、年齢に関係なく裁量権をもったやりがいのある仕事が出来る事と、人とのつながりが強く、人材を大切にしている事が伝わってきたことです。仕事は大変だろうと感じましたが、社員が協力しあう社風を実感できました。私はもともと外食部のマリノで店長をしていましたが、2016年に食品部へ異動となりました。今はバイヤーとして、商品の選定・仕入れ、価格決定をしています。異動したての頃はわからないことだらけのスタートでしたが、たくさんの社員からアドバイスを頂き、成城石井コーナーのオープンが実現できた事が強く心に残っています。
沖縄に無い商品をいち早く導入したり、自分の準備した施策や商品で売上げが伸びたときの達成感は最高のやりがいです。成城石井商品の年間売り上げ10億円達成を目指し、取り組んでいきます!

八重瀬シティ 惣菜
富原 琴乃(とみはら ことの)
2017年入社

 入社のきっかけは、理念である「お客様の喜びを自らの喜びとする」という言葉でした。仕事を通して地域や会社に貢献できる点に惹かれ、私も働きたいと思い、入社を決めました。惣菜は商品のほとんどが店内調理です。沢山のスタッフが必要で、自分一人では達成できない売上をスタッフと一緒につくっていく時がとても楽しく、やりがいを感じます。
お客様からの注文が増える旧盆などの行事の際は、更に一致団結して製造を行ないます。初めての行事は、反省が多く残る内容でしたが、店長や周りのスタッフからアドバイスを頂き次に繋げることが出来た時は成長を実感しました。今後は大型店のチーフを目指し、会社や地域への貢献を目指します!

line600

 

リトルマーメイド
豊見城ウイングシティ
店長
赤嶺 香南子(あかみね かなこ)
2017年入社

 現在私はリトルマーメイドで店長を務めています。店長として店舗運営を行うなかで、お客様に喜んで頂ける瞬間、一緒に働くスタッフが楽しく働く姿にやりがいを感じながら働いています。今はこうして店舗を任される立場ですが、入社してからこれまでは順調だったわけではありません。
入社1年目の頃様々な仕事を任されるなか、知識も技術も未熟で、私が良いと思ってとった行動が、スタッフを苦しめていたことがありました。私たちの仕事にとってコミュニケーションが大切だと実感した出来事です。失敗から学び成長へ向け努力する事はとても重要だと感じています。今後は後輩の育成・教育に携わり、リトルマーメイドを成長させていきます。

他のサンエー社員を見る