生い立ち

半世紀前、
宮古島に開業した「オリタ商店」が私たちサンエーのスタートラインです

年間売上1600億円を超える企業に成長したサンエーも、初めは小さな商店でした。
現在では、衣料、食品、外食、電器、ドラッグ…と様々な事業を展開していますが、これもすべてお客様の声にお応えしてきた結果です。
日々変化するお客様のニーズにお応えし、サンエーはこれからも成長し続けます。

生まれた時は小さな商店でした・・・

history_img_00

1950(昭和25)年。写真はサンエーの前身「折田商店」が宮古島に誕生したときのもの。
戦後の復興期で、物不足の時代。自他共に苦しい生活環境の中、少しでも人々の生活を支えたいという使命感から、命がけで海を渡り、沖縄本島で生活必需品を調達し宮古へ戻り、商品を提供した頃もありました。

1964(昭和39)年には、店舗を改装し、「オリタ百貨店」を開業。
戦後の「食べる」ことに必死だった時代から、生活にゆとりがではじめ人々の関心が「衣・住」に向いてくる、そんな時代の流れを予測し、衣料品中心の商品構成に変化させていきました。当時の沖縄は、米軍統治下にあり、本土渡航にはパスポートが必要な時代。税関の規制や物流面の遅れから、お客様の求める商品を思うように仕入れることができず、悔しい思いをしていました。

そんな中、本土復帰が具体化してくると、流通業が益々重要になると予見。
復興が遅れている沖縄にとって、流通業の発展が鍵を握ると確信し、将来の多店舗展開に備え積極的に本土大手スーパーを勉強してまわりました。

history_img_01

創業から20年を迎えた1970(昭和45)年、サンエーの第1号店、那覇店を国際通りのはずれに開業。
立地条件の悪さから「長くはもたないだろう」という周りからの声をよそに、値頃な商品、豊富な品揃えで売上予想をはるかに上回る盛況振りでした。

対面販売、ショーケース販売が主流の時代でしたが、お客様が自由に手にとって選べるセルフサービス方式を沖縄で初めて導入。
また、お客様のニーズに1日でも早くお応えしたいと、本土からの商品取り寄せには航空便を使うなど、利益よりも「お客様に喜んでもらうこと」を最優先しました。

history_img_02

1972年には沖縄が本土復帰を果たし、本土大手企業が進出してくる中、サンエーもチェーン展開をスタート。地の利を知り尽くした地域密着の商品構成、店舗運営を心掛け、積極的に出店しました。
また、出店は本土企業が出店するはずのない郊外から進めました。遠方から、商業が集中する那覇へわざわざ買い物に来るお客様のニーズにお応えする為、できるだけ那覇と同じような商品を取り揃えることも忘れませんでした。

これまで本土で学んできたこと全てを沖縄流にアレンジし、自らの発想と尺度を持ち、徹底してお客様の視点に立つことで地域密着型スーパーを目指してきました。
1977年には、沖縄市胡屋の「ファミリープラザコザ店(現中の町タウン)」に、食品部門を開設。
毎日の生活に必要な商品を一箇所で買える便利なお店を目指し、初めての衣料、食品、住居関連用品の総合大型店舗を開設しました。

history_img_03

1982年、物流部門を強化するため、サンエー運輸株式会社設立。
海に囲まれた島国・沖縄という物流面でのデメリットを克服する為、流通業の常識に反する形で自社独自の流通システム構築を開始。コンピューターシステムと連動させた物流の効率化を目指しました。

history_img_04

さらに、店舗運営コストの低減を図るため、流通センター内に生鮮加工センター(プロセスセンター)と、食品工場を開設しました。
流通システムの全面的な効率化によりコストを削減することで、沖縄においても品質や価格面での本土格差のない商品提供ができるようになりました。

history_img_05

その後も車社会の到来を予測し、沖縄県内初の郊外型ショッピングセンターをオープン。
大型駐車場を有する郊外型店舗展開、食料品、住居関連用品を加えた総合小売業への脱皮など、常に時代の先を読み実践してきました。

history_img_06

サンエーに足を運んでくださるお客様のご要望全てにお応えしたい」という熱い思いから新しい事業、業態の開発に積極的にチャレンジしています。
外食部は、お客様にくつろいでいただける空間と美味しいメニューでお迎えできるよう、その業態を軽食コーナーから喫茶店、レストラン、ロードサイドの単独店舗へと進化させてきました。

外食部の代表格は和食レストランの「和風亭」。その他にもイタリアンレストランの「ピッツェリア・マリノ」、とんかつ専門店の「かつ乃屋」、喫茶の「珈琲待夢」、24時間営業のファミリーレストラン「ジョイフル」などなど、多くの業態にチャレンジしてきました。2009年には「大阪王将」をスタートさせ、さらに大きなビジョンを持って新たなるチャレンジを続けています。

さらに、高級ブランド品を扱う「エクセルワールド」や写真のDPEショップ「パレットプラザ」も展開しています。
店舗展開も同様に、「お客様の冷蔵庫代わり」を目指した小型食品館、中規模の近隣型ショッピングセンター、そして沖縄で始めて郊外にGMSを展開。

history_img_09

2002年には、那覇新都心の中心地に沖縄県内最大規模のショッピングセンター「那覇メインプレイス」をオープン。
9つのシネマコンプレックスとショッピングゾーンを融合させた沖縄初の巨大ショッピングセンター。

人に優しいハートビル法を取り入れた店舗設計をするなど、さまざまな形態の店舗もいつでも「お客様の声」を大切に考え、実行してきた結果なのです。

2005年、サンエーの新業態NSC(ネイバーフッド・ショッピングセンター「大山シティ」がオープン。
衣料館、食品館、電器館、レストラン(ジョイフル)に加え、大型書店、薬局など6つのテナントを含む総合型中規模ショッピングセンターです。
短時間で効率的に利用でき、毎日気軽に使える店舗をコンセプトに開発されました。
普段の買物の目的に応じて利用できる店舗となっており、お客様の利便性を重視したこれまでに無い新しい形の店舗形態となっています。

2006年10月、糸満市潮崎にNSCの業態での2号店目となる「しおざきシティ」をオープン。
衣料館・食品館・電器館・レストランの他、大型書店、衣料テナント、美容室、アミューズメント施設などのテナントを充実させたより暮らしに密接な総合型ショッピングセンターとなっています。

history_img_11

またサンエーとフランチャイズ契約を結んだ新業態ドラッグストア「マツモトキヨシ」の県内1号店もしおざきシティでの展開を開始し、
サンエーにとって新しい分野へのチャレンジがスタートしました。

2009年6月、全国に展開している外食チェーン「イートアンド株式会社(大阪市)」と業務提携し、具志川メインシティ1階に、「大阪王将」がオープン。
これにより和風亭・ジョイフル・大阪王将の3業態で、沖縄の「和・洋・中」の大衆外食マーケットをカバー出来ます。
今後は地域の市場・物件に合わせて3業態を使い分け、更なるドミナントを深耕して行きます。

2009年12月、サンエーとローソンの共同出資による、「株式会社ローソン沖縄」を設立。
ローソンの商品開発、仕組み、システム、サンエーの県産商材開発、出店開発情報などそれぞれの”強み、特徴”を活かすことによって、
今まで以上に充実した事業展開を行っていきます。

2012年7月、「東急ハンズ」1号店を開店。

2013年4月、「タリーズコーヒー」1号店を開店。8月には株式会社良品計画と「無印良品」ライセンス・ストア基本契約を締結し、同年10月に1号店を開店。

2014年10月、株式会社フェニックスとサブライセンス契約を締結し、「ピザハット Express(エクスプレス)」1号店を開店。

2015年11月、大型商業施設の出店を目的として「株式会社サンエー浦添西海岸開発」(連結子会社)を設立。

沖縄の環境、人々に支えられて成長してきたサンエー。
今後も地域のお客様の声にお応えするため、サンエーのチャレンジは続きます。